交通事故の慰謝料・示談の弁護士相談!只今無料相談受付中!  増額ないなら報酬も無料!慰謝料・示談のご相談は、交通事故の専門弁護士にお気軽にご相談ください!

増額ないなら報酬も無料!慰謝料・示談のご相談は、交通事故の専門弁護士にお気軽にご相談ください!


03

69123811
弁護士代表のあいさつ
弁護士代表黒嵜 隆
交通事故の被害者様、ご家族様にお見舞い申し上げます。
私は今、弁護士として活動をしておりますが、学生時代に、バイクが原因で下肢麻痺となり、それ以来車椅子での生活をしています。

病院での出会いや周りの人のサポートのおかげで、段々と前向きな気持ちを持てるようになり、「障害があっても、何か自分にできることがある」と考えるようになりました。

事故に遭うまで、弁護士になることは考えてもいませんでした。しかし、リハビリ中に同じく脊髄損傷で司法書士試験に合格された方に出会って、自分は弁護士になろうと思い、司法試験の勉強を始め、今に至ります。

現在、東京・永田町と二子玉川の2ヵ所の事務所で交通事故被害者を法の力でサポートすることに取り組んでおります。
ケータイサイト
  

被害者側に立ち、親身に全力でサポートいたします!


交通事故の被害者様、ご家族様にお見舞い申し上げます。
私は、学生時代に、バイクが原因で下肢麻痺となり、それ以来車椅子での生活をしています。
病院での出会いや周りの人のサポートのおかげで、「障害があっても、何か自分にできることがある」と考え、弁護士として活動をしております。
現在、東京・永田町と二子玉川の2ヵ所の事務所で交通事故被害者を法の力でサポートすることに取り組んでおります。
自ら交通事故の被害者となり、被害者としてたくさんのことを学び、体験をしました。
交通事故で被った被害を最大限回復すべく、事故直後から解決に至るまで!親身に、丁寧にサポートすることをお約束いたします!
損害賠償の解決はもちろん、被害者だからこそできる!被害者の健康面、生活面など、様々なお悩みにお応えし、心も勇気付けられる事務所でありたいと思っています。 無料相談・査定も24時間受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

なぜ弁護士に!交通事故の慰謝料請求や示談交渉を依頼するのか!

なぜ!保険会社との交渉に弁護士が必要なのか!

一般の被害者が保険会社と交渉をしようとも、保険会社は独自の算定基準を用いもっとも低い慰謝料を主張するばかりでまともに交渉に応じない場合があります。
弁護士の介入により、被害者の被害状況を詳細に分析し、裁判基準で慰謝料が最大限認められるよう主張=交渉が可能になります。
依頼に関する相談は無料で行っております。当事務所では保険会社からの示談額よりどれほど増額できるか無料査定も行っております。

弁護士依頼は早い方がメリットが大きい!

・医療機関へ適切な検査や診療を受けるためのサポート
・交渉に必要な資料の収集
・過失割合の交渉
・後遺障害の認定申請へのサポート
・後遺障害認定の異議申し立て
など・・・
最初から弁護士のアドバイスやサポートが、示談に不利になることなく、被害者の利益を最大限守ることにつながります。

治療に専念できるよう親身なサポート!

事故後、被害者がもっとも専念すべきことは言うまでもなくケガからの回復です。しかし実際は事故解決のためにたくさんの手続きや手配、交渉などで治療に専念することはなかなかできません。
さらに!ほとんどの被害者が事故解決の経験がないゆえに手続きに漏れがあったり時期を逃したりして、保障してもらえるはずの利益が認められなくなったケースが後を絶ちません。
当事務所では被害者様が治療に専念できるよう、わずらわしい手続きの代行はもちろん、手続きに関する時期や対応等を適格・丁寧にアドバイスし、被害者様の利益を最大限守ることができます。交通事故の解決と被害者救済に長年取り組んで来た当事務所にぜひご相談ください。

無料相談!!増額ないなら報酬もなしの徹底した安心サポートが強み!

「弁護士に相談したいけど、費用が高いのでは?」と心配されて、相談を躊躇される方も多いようです。
当事務所では1人でも多くの方にご相談いただき被害救済にお役に立てるよう、初回につき「無料相談」の対応も設けております。
また示談交渉の場合でも増額なければ報酬は原則としていただかないようにしております。
原則被害者様の負担がないように依頼を受けておりますので、安心と納得の上ご依頼いただけます。
交通事故対応!解決の流れ
おすすめポイント:1) 事故発生直後の対応

1) 事故発生直後の対応

交通事故に遇った直後の対応としては、まずは必ず、警察に通報することが大切です。警察に通報していないと事故証明が発行されません。
また、相手から「示談しましょう」、と持ちかけられても、その場で判断しないでください。そのときは有利な条件だと思っても、後々冷静かつ専門的な判断をすべきだと考えます。
次に、事故に遭った車やバイクは証拠になりますので、すぐに修理したり、処分しないでください。事故の相手にも処分させないようにしてください。
おすすめポイント:2)怪我の治療中の対応

2)怪我の治療中の対応

怪我をされた場合は、忙しくても、必ず病院に行ってください。大事に至ることがありますし、事故の直後に病院で診断を受けていないと、事故と怪我との因果関係が説明できないことがあります。
また、治療中で、医師の治療方針に不安がある場合や、説明に納得がいかない場合はご相談ください。適切な治療や診断を受けることは極めて大切です。不信感を持ちながら、何もアクションを起こさずに、後で後悔するのは得策ではありません。
また、適切な賠償を受けるためには、然るべき医療機関で、然るべき治療や検査を受けることが重要です。
おすすめポイント:3)治療費や休業損害の打ち切りを通告された場合

3)治療費や休業損害の打ち切りを通告された場合

まだ治療中なのに、相手側の保険会社から治療費や休業損害の打ち切りを通告してくることがよくあります。
そのような場合、ぜひ当事務所にご相談ください。また疑問や不満を感じられる場合もご相談ください。(相談は、当サイトから無料相談をご利用ください)
被害者様が安心して治療に専念できるようサポートいたします。
おすすめポイント:4)後遺障害の等級認定への対応

4)後遺障害の等級認定への対応

これ以上治療しても良くならない状態を症状固定と言います。症状固定の段階になると、後遺障害の等級を認定してもらって、損害の補償を受けることになります。
しかし、残念ながら、被害者が納得できる等級認定をしてもらえない場合が多くあります。医師によってどの段階で症状固定にするか、またどのような診断書を作るかに、認定の結果は大いに異なります。
症状固定前の通院時期から受けておくべき検査や、後遺障害申請の際に医師からどのように診断書を書いてもらえば良いかなど、等級認定に必要な専門的で的確なアドバイスを行っております。弁護士自身、現在も重度の後遺障害を持っており、被害者様の被害回復と救済に努めてまいりました。
長年の実績を持って解決まで親身に対応させていただきますので、どうぞお気軽にご相談ください。
おすすめポイント:5)相手方側の示談提示への対応

5)相手方側の示談提示への対応

相手方側(相手の弁護士や保険会社を含みます)からの示談の提示があったものの、示談の額に納得できない、そもそも見方がよく分からない、ということがよくあります。そのような場合は、ぜひ当事務所の無料査定をご利用ください。通常、相手側からの提案額は、裁判所の基準からするとかなり低いと言わざるを得ません。
当事務所では、無料で示談の提案書の見方をご説明し、損害賠償額が適切かどうかをアドバイスさせて頂きます。
またご依頼の場合、当事務所の弁護士があなたを代理し、正当な補償を獲得するために、保険会社と交渉を行うることができます。弁護士が示談交渉をしても適切な示談が成立しなければ、訴訟を提起し裁判所で解決することになりますが、多くの場合被害者様のご納得の上、円満に示談が成立しております。お困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。
アクセスマップ
アクセス方法 ◆永田町駅(半蔵門線・南北線・有楽町線)4番出口から徒歩1分
◆赤坂見附(銀座線・丸の内線)は、永田町と繋がっていますが、
 徒歩10分ほどかかります。
弁護士紹介
黒嵜 隆
棚橋 桂介
閑野  一樹
久 勇介
よくある質問 
でへのQ&Aはこちらへ。
お問い合わせ 
でへのお問い合わせはこちらへ。
管理者のブログ 
Copyright©フロンティア法律事務所 All rights reserved. プライバシーポリシー    サイトマップ   メルマガ解除 Powered by 店さぽ